もしものことに備えてデジタル遺品の整理とエンディングノートを作りました

日本ではデジタル遺品とエンディングノートに注目が集まっています。
いつ死ぬかは誰もわからないので、若いうちからエンディングノートを用意し、デジタル遺品を整理する人が増えています。
将来に備えて準備をしておけば、いざという時に家族など周囲の人が困らずに済みます。
エンディングノートについてもデジタル遺品についてもネット上には情報があふれています。

情報を上手に活用することで、将来何があっても大丈夫なように大切な品を整理できます。

エンディングノートの存在を知ったらすぐに作りたくなった

エンディングノートの存在はテレビの特集で知り、前年に同年代の知人が亡くなったこともあり自分もエンディングノート作っておいた方がいいと考えるようになります。
デジタル遺品の整理についても考える良い機会になり、今は少しずつ整理を始めています。
亡くなった人のパソコンやスマートフォンには様々なデータが保存されています。
これらのデータをデジタル遺品と呼びます。
データの中には銀行など金融機関の取引情報や個人情報などが含まれています。
SNSのアカウントやWebメールの情報もあります。
動画や音楽の有料サービスを使っていた場合は、そのアカウントも含まれます。
デジタル遺品は放置しているとトラブルの原因になることがあります。
持ち主が死亡した場合に、電話帳などのデータを見ることができないと連絡先がわからないことがあります。
株やFXなどの口座をそのままにしておくと、損失を被るリスクも考えられます。
有料サービスを解約しなかったことで、支払い金額が大きくなってしまうこともあります。

使う機会が近いうちに来ませんように…

家族に見られたくないデータは別のフォルダに入れてロックしておけば安心です。
解約が必要なサービスは一覧にして書き出しておくと遺族に迷惑がかからずに済みます。
デジタル遺品の個人情報は、家族であっても取り扱い方を間違うとトラブルに発展することがあります。
デジタル遺品は法的に曖昧な部分が多いので、悩みがある場合は法律の専門家に相談するのがベストです。
エンディングノートにデジタル遺品について書いておけば、家族間のトラブルを避けることができます。
離れて住んでいる家族の場合、亡くなってから重要な書類の場所がわからず困るケースが多々あります。
使う日が遅いことを願いつつも、重要なことをエンディングノートに書いて残しておけば、家族が困る可能性が低くなります。
ノートには家族や友人へのメッセージを書いておくこともできます。
生きているときは恥ずかしくて言えなかったことでも、エンディングノートに書くことで遺族の悲しみが癒されることがあります。

八街市の金買取店でネックレス探し

20代後半から続々と友人や職場の同僚、後輩の結婚式に呼ばれるようになってきましたが、ありがたいことに来月も友人の結婚式に招待されています。
20代の頃は自分が好きな、気軽に買うことが出来る値段のアクセサリーばかりを購入していましたが、30代に突入して大人の女性と言われる年代に入ったので、ちゃんとしたものもいくつか必要だと感じています。
ただそうは言っても、出来るだけリーズナブルに手に入れたいのも事実です。

結婚式用のアクセサリー探し

そこで思いついたのが金買取店でのアクセサリー探しですが、自宅から気軽に行ける八街市のお店に行ってきました。
少し前には金の価格が高騰していることが大きなニュースになっていましたが、現在でも金製品を売りに来る人は多いらしく、買取用のブースには何組かお客さんがいたようです。
結婚式につけていくこと出来る華やかなネックレスが一番欲しかったのですが、驚くほどネックレスを始めとしたアクセサリー類が充実していました。
金製品と言えば全部金でギラギラしたものが多いのかと思っていましたが、ワンポイントに金が使用してあってとても上品なものもありましたし、有名ブランドのネックレスもありました。
しかもそのどれもが正規で購入するよりも何割も安く、それなのに見た目には傷や汚れも確認出来ないため、こうした金買取店でアクセサリーを購入するのも一つの手段だと実感です。
購入しようかと本当に迷ったネックレスがいくつかあるので、ちょっと悩んでいます。

自分が祝われる側になりたい!

こうして華やかなネックレスやアクセサリー類を見ていると気分は上がりますが、結婚式でいくら自分が華やかに着飾っても主役は花嫁さんですので、やはり虚しくなってくる感情が湧いてくるのはどうしようもありません。
自分も家族や友人から祝福されて、人生を共に過ごしたいと思える男性と結婚したいと思う気持ちが30代に入ってまずます強くなっています。
アクセサリーを見て探しながら、しみじみ今度こそ自分が結婚式で祝われる側になりたい、と思いました。
けれどだからと言って結婚ばかりにこだわっていたら、結婚に焦っている人と周囲に見られてしまいますし、そうなると男性も引いてしまうことは十分予想されます。
普段は仕事も頑張り、自分の生活を充実させつつ、良い出会いが無いかアンテナを張るように心がけようと思います。
それで良い出会いを見付けることが出来るかどうかは分かりませんが、自分も花嫁になって祝われる側になりたい、と思う気持ちを今後も忘れず生活していくつもりです。